太陽堂の日々の日常

「頭痛」のスタッフが飲んでいる漢方薬は?

こんにちは「漢方薬局 太陽堂の林」です。
 
煎じ薬って煮だしたらどんな感じか想像がつきますか?
 
事務の「西岡さん」は太陽堂に来る前から「慢性頭痛」に悩んでいた一人です。
 
「頭痛」の為の漢方薬作っていたので、感想も含めてご紹介していきますね~
 

飲んでいる漢方薬は「人参湯」と「五苓散」

「五苓散」といえば「頭痛」に使う事が多く、「浮腫み(むくみ)」「腎炎」などの症状にも使っていきます。
 
「水毒」(水の滞り、巡りの悪さなど)を改善して、水の巡りを良くする漢方薬です。
 
ここに冷えを良くする漢方薬「人参湯」を混ぜて煮だしてみました。
 
ちなみに「人参湯」は胃腸機能を整え、「嘔吐症」にも使う漢方薬です。
 
胃腸機能を整える為、「人参湯」「腸の冷え」を取り「頭痛」に使う事があります。
 
「五苓散」に関しては詳しく書いていますので、興味のある方は「五苓散」をご覧になって見て下さい。
 
太陽堂ブログ 利水と利尿の違いは?気になる浮腫みを改善する「五苓散」。

匂いは桂枝の良い香り、味は…

実際煮だしてみたら「シナモン」の香りが…
 
「桂枝湯」という漢方薬は聞いた事あると思いますが、その中の主薬「桂枝」って実は「シナモン」なんですよ~
 
冷えを取る効果を高めたいから出来る限り熱い状態で飲むのがおススメです。
 
基本的に漢方薬は温かい方が効きやすいですが、中には冷やして飲む漢方薬もあります。(脳出血時に「黄解散」を使う場合などは、熱がこもっているので冷服です。)
 
味を聞いてみた所、
 
苦いけど飲めない苦さではなく「桂枝」「乾姜」で身体を温める感じがするとの事でした。

 
また他のスタッフが煎じ薬を飲んでいる時があればご紹介していきますね~
 
#太陽堂の日々の日常